2018年4月1日

今日も快晴!絶好の図書館日和です。
ご近所の「郷土史家」がお孫さんを連れて来館。
暫し歓談。

いつものY氏来館。鳥取県の久松堂のカタログを寄贈してくれました。
DSCN9058_20180401234013f20.jpg

面白いカタチのとび箱や、ア式フットボール(サッカー)の値段なども載っていて興味深いものです。
DSCN9059_20180401234010e7d.jpg

1925年(大正14年)、「ア式フットボール」1個の値段が6円~8円とは?
当時の価格としては実に高額!!だと思うのですが・・・。
DSCN9060.jpg

調べてみましょう。
興味が尽きないカタログです。

2018年3月30日

サイクリングの青年が自転車本に釘付けで熱中していました。

桜は満開!
図書館桜は少し離れたところから眺めると、
その大きさも美しさも際立ちます。

2018年3月28日

図書館桜はもうすぐ満開です。
下から撮影してみると爛漫ですが、遠くから眺めてみると「もうすぐ」ですね。
DSCN9041.jpg

艶やかさはこれからです。
夕日を受けた桜もなかなか見事です。
DSCN9038.jpg

土手の梅や水仙はに代わって南斜面を飾るのはタンポポとこの白い花です
DSCN9026.jpg

今日は、中京大学の先生から150点近い書籍などを寄贈いただきました。
もう、何度目でしょうか…?
おかげで本館の武道関係は充実したものになっています。

2018年3月25日

第8回中村敏雄シンポジウムが開催されました。

県内はじめ大阪、和歌山、兵庫、福井から33人もの方が参加され、
講師の玉木正之さんの話に熱心に耳を傾けました。

いつの間にか、自分の世界に我々を引き込んでいく玉木さんの話はさすがです。
その玉木さんの話のベースに中村敏雄さんが息づいていることを実感することができました。
そして、今回のシンポジウムの特徴は、参加者層の多彩さです。教師、研究者だけではなく、
スポーツの愛好者やスポーツクラブのリーダーなどこれまでには見られなかった顔ぶれでした。
何だかとても贅沢な時間を過ごしているようでした。

DSCN9021.jpg DSCN9011.jpg 
DSCN9016.jpg DSCN9009_20180326022505af0.jpg


2018年3月18日

今日は、足助八幡宮の「旅人の足を助けた」にちなんだ「足まつり」が行われ、大きなわらじが町内を巡りました。
昨年より長いわらじ行列になりました。
DSCN8998.jpg DSCN8999.jpg


新着図書数点の登録をしました。
「トレーニングジャーナル」誌、「体育科教育」誌も届きました。トレーニングジャーナル誌の表紙の写真、羽生選手の表情は鬼気迫るものです。それを見逃さずフォーカスするカメラマンや撮影スタッフとカメラの凄さに驚きます。是非、手に取ってご覧ください。
DSCN8996.jpg

「ぴょんたのたいそう」、子どもに好評です。
DSCN9000.jpg