FC2ブログ

2018年7月10日

中国・四国地方では未曽有の水害のニュースを伝えています。
被災地のみなさんにはこころからお見舞い申し上げます。

思い起こせば、昭和47年7月、藤岡村(当時)小原村(当時)を
中心に大規模な水害、土砂災害にみまわれ、勤務校でも生徒の
ご両親が土砂に巻き込まれ、お亡くなりになるなど甚大な被害がありました。

そんななか、今日は梅雨明け宣言が出され、
図書館の向こうにある小学校のプールからは
子どもたちの歓声が聞こえてきます。

こんな当たり前の情景を大切にしたいですね。

東京の廣畑成志さんから自著「白球は残った」(本の泉社)が送られてきました。
一息に半分くらいまで読んでしまいました。小倉高校野球部、したたかです。
DSCN9370.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)