2010年12月17日

快晴でしたが、とにかく寒い。
「丘の上」の図書館はしんしんと冷え込みました。
朝こちらへ来る途中の道筋には真っ白な霜柱が立っていました。
これからはスタッドレスタイヤが必需品です。

小さな電気ストーブを囲みながらの仕事。
今日は私たちのニュースレター「SL通信」(10号)の準備をしました。
その中の「蔵書探索」(第4回)では「中村敏雄文庫のこと」をまとめています。


寄贈を受けたのは段ボール箱で98個。
11月6日に東京に出向き、中村敏雄さんからの寄贈本を受け取り、搬入したものです。

20101217a.jpg<東京での梱包作業>

20101217b.jpg<足助に到着した段ボールの山 98箱!>

日本のスポーツ文化研究と体育科教育学の民主主義的土台を作り上げた中村さんの仕事の土台と背景を表現してくれる貴重な蔵書と資料群です。
スポーツ図書館にとってはこれほどうれしい寄贈はありません。

この貴重な蔵書や資料を「中村敏雄文庫」として整理します。
中村がどんな本を読んでいたか。どんな準備をして執筆に取り組んでいたか、その思考プロセスと作業プロセスがわかります。
3月には公開できるよう準備を進めます。
どうかご期待下さい。
(is)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)