2013年9月19日

今日も秋晴れです。
すべての窓をフル・オープン。新鮮な空気で図書室が満たされていきます。

ここ1カ月ほど、どういうわけか、急に「自転車本」を集めだしました。
わが愛するモーターサイクルも同じですが、自転車(バイク)は美しい。魅せられます。
マニアが「はまっていく」理由(わけ)がわかりますね。

037.jpg
写真の『Italian Racing Bicycle』は英語版。170頁を超える写真集です。
やはりイタリア車、レース車はセクシー!

036.jpg
『世界の名自転車100』(全220頁)はレース車、BMX、街乗り車、折りたたみ自転車などなど、あらゆるジャンルhの自転車の名品を集めたもの。
一つ一つのパーツにまで引き込まれます。
アマゾンの古書での入手は限られていて、「いい本」はなかなか出てきません。
今回は「1クリックで買う」の便利さに負けて、新品のそれも高額のものをたくさん買ってしまいました。
しばし、反省!

042a.jpg  038a.jpg

自転車」のコーナー(写真)を作ってみました。
まだ、全く不十分ですが、訪れてくれるサイクリストたちの満足顔を少しは見れるかなあとひそかに期待しています。

何年先になるかわかりませんが、サイクリストのための図書展示をやりたいものですね。
この特別展のテーマは私のなかではもう決まっています。
「美しい自転車、元気なサイクリスト」!。 いかがでしょうか。(is)



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)