2014年8月31日

第2回「マイクロ・ライブラリーサミット」(大阪府立大学)へ行ってきました。
15分間のプレゼンテーションと質疑が行われました。
「3万冊も蔵書があるのに“マイクロ”と云えるのか?」とか「スポーツだけではなく、武道や身体論に関する書籍は集めているのか」などの質問がありました。

閉会集会では、私たちの活動を顕彰して表彰状と楯までいただきました。
DSCN7458.jpg

全国から、私たちのような私設図書館や小さな図書館活動をしている方たちや、公立図書館でもユニークな活動をしているところなどが集まって活動の交流をする場です。
その拠点が大阪府立大学(なんば校舎)で、府大の取り組んでいる「まちライブラリー」が今回の会場でした。
DSCN7424.jpg

主宰者の一人磯井さんは足助にも来館されたことがあります。

府大の「まちライブラリー」は広々とした空間で、私たちと同じ「科ベニヤ」で本箱が作られていました。
本の展示方法などもたのしくて、またみなさんに紹介します。

今回のサミットの報告集は「マイクロ・ライブラリー図鑑」として来夏発行されます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)