スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 中村敏雄シンポジウム 開催日変更:3/29(日)

第5回中村敏雄シンポジウム
「中村敏雄の人物史・思想史を探る(1)~高校教師時代の中村敏雄の人と仕事」


■期日:2015年3月29日(日)  14:00~
     (当初の予定3/28土から変更になりました。)
■場所:体育とスポーツの図書館(豊田市足助町城山49-2)
     図書館へのアクセスは下記ホームページをご覧下さい。
       http://sportslibrary.web.fc2.com/access.html
      連絡先:(成瀬徹 09042310557 メールsports@asuke.aitai.ne.jp



シンポジウム終了後、17:30から「開館5周年レセプション」を開催します。
あわせてご参加ください。

詳細は↓↓こちらをご覧ください。


■趣旨
「体育とスポーツの図書館」では毎年3月末に中村敏雄シンポジウムを開催しており、今年度5回目を迎えます。
そこで、今回の中村敏雄シンポジウムでは「中村敏雄の人物史・思想史を探る(1)-高校教師時代の中村敏雄の人と仕事」というテーマを掲げました。

中村は1954年に東京教育大学附属(後に筑波大学附属)高等学校の教師として31年間(1954-1985)教育・研究を行っています。中村の名著『近代スポーツ批判』(1968)はこの高校教師時代に執筆されたものです。30代~50代半ばまで、最も脂が乗った時期を体育教師として、研究者として附属高校で仕事を行ってきました。中村の体育思想、スポーツ思想はこの附属高校教師時代に形作られていったと思われます。その意味で中村の高校教師時代の人物像や仕事を解き明かすことは、中村の体育・スポーツ思想を明らかにすることにつながります。

今回のシンポジウムでは、中村が高校教師として教育現場でどんなことを考え、どんな発想をし、どんな本を読み、どんな授業をし、他の教師とどんな会話をしてどんな活動をしていたのかなど、中村の高校教師時代の人と仕事、問題意識について、同僚だった等々力賢治氏と二谷貞夫氏にリアルに語ってもらいたいと考えています。

■シンポジスト
  (1)等々力賢治氏(松本大学教授,1952年生れ、人間科学部学部長、スポーツ仲裁機構調停員)
  (2)二谷貞夫氏(元上越教育大学教授,1938年生れ,元日本社会科教育学会会長)

■スケジュール
14:00~14:10  趣旨説明と講師紹介
14:10~15:00  等々力賢治氏
15:00~15:50  二谷貞夫氏 
15:50~16:00    休憩
16:00~17:00  質疑応答
 
17:30~19:30  開館5周年レセプション

■送迎
地下鉄東山線「本郷駅」から図書館まで送迎車を出します。
シンポジウム、開館5周年レセプションに参加予定の方はご利用下さい。
送迎車ご利用の方は事前にスポーツ図書館(成瀬)までご連絡ください。
送迎時間は、以下の通りですのでご注意ください。

   *3月29日(土):本郷駅発 ①12:00、②15:00
             図書館発 ①20:00
   *連絡がない場合は送迎車は出ません。

■宿泊希望
宿泊希望の場合も事前にご連絡ください。ご相談に応じます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。