スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 中村敏雄シンポジウム_2016年3月27日(日)

第6回中村敏雄シンポジウム
中村敏雄の人物史・思想史を探る(2)

山口大学・広島大学時代の中村敏雄の人と仕事

詳細はちらしにてご確認ください。[pdf]

日時:2016年3月27日(日) 13:30~18:30
場所:体育とスポーツの図書館
主催:NPO法人「体育とスポーツの図書館」
後援:豊田市・豊田市教育委員会



 中村は、1985年4月の山口大学へ赴任し、その4年後(1989年4月)に広島大学へ移り、1993年3月の退官まで8年にわたり大学教員として学生を育て、多くの研究成果を残しています。この、山口大学・広島大学教員時代は、中村が体育教育研究からスポーツ文化研究にシフトしていった時代と考えられます。 
 今回のシンポジウムでは、中村の大学教員時代に中村がどのようなことを考え、どのような姿勢で教育や研究活動をしていたのかについて、当時の中村に身近に関わって研究をされていた中瀬古哲氏(現:神戸親和女子大学)と、現職の小学校教員として関わっていた林俊雄氏(現:広島都市学園大学)、学生として中村から直接指導を受けていた四海久富氏(広島市中学校教諭)に語っていただきます。

■スケジュール

13:30~13:40  趣旨説明と講師紹介
13:40~14:20  中瀬古 哲氏
14:30~15:00  林俊雄氏 
15:00~15:30  四海久富氏
15:30~15:45  休憩
15:45~17:00  質疑応答・ディスカッション
17:30~18:30  茶話会

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。